君の受験生度は?!診断テストをやってみよう | 東進ハイスクール所沢校|埼玉県

ブログ

2018年 2月 24日 君の受験生度は?!診断テストをやってみよう

こんにちは、担任助手の李です。

突然ですが、まずは上の診断テストをやってみてください!

 

さて、あなたは3パターンのうち、どの受験生になりましたか?

「受験生」と言っても、人によってその姿勢や気持ちは様々です。

ただ、受験生としてあるべき姿というものは確実に存在します。

そこで今回は受験勉強を成功させる上でとても大切な考え方についてお伝えしたいと思います。

相手を知る

受験勉強をする際にまず必要になることは、目指すべき大学の情報を仕入れることです。

たとえば以下のようなことが挙げられるでしょう。

国立大学であればセンター試験(一次試験)でどのくらいの得点率が必要なのか?

二次試験の過去問のレベルや傾向はどのようなものなのか?

こうした情報を仕入れずにただ闇雲に勉強しても、合格する為の力はつきません!

志望校の過去問を本屋で見てみたり、実際に試験時間を測って問題を解いてみたり、

まずは1年後(2年後)に闘う相手のレベルを把握しましょう。

自分の実力を知る

次にやってほしいことは自分の実力を正確に把握することです。

模擬試験の成績表をじっくり分析しましょう。

「自分の実力なんて見たくないよ~」と思う人も多いかと思いますが

そういう人ほどしっかり自分の現状と向き合いましょう!

「相手」と「自分」のギャップを知る

①と②を両方実践すると、「自分に足りないもの」が見えてきます。

なんとなく「○○大学の偏差値は65で自分は52かー。13だと結構成績上げないと合格できなそうだなー。」などと考えているだけでは合格に近づくことはできません。

・最終的にどんなことができるようにならなければならないか?

・志望校の問題の特徴はなにか?

・残りの時間でどのような勉強をして合格を目指すか?

目標と現状のギャップの埋め方をじっくり考えましょう。ここが受験勉強をさせるための鍵となります。

 

最後に、「受験勉強を始めるのはもう少し後かな…」と思っている皆さん

今、この時点で勉強を始めましょう!

この時期がラストチャンスです!

受験本番でライバルとなるのは来年高校3年生になる人だけではありません。浪人生は現役生よりも長い時間を受験勉強に費やしてきています。

今ついている大きな差を埋めるには今この瞬間から受験生としての意識を持ち、勉強を開始しなくてはいけません!

東進では現在、新年度招待講習をやっております。

授業の体験や、受験に関する質問などがあれば、校舎に来てください!

スタッフ一同お待ちしております

↓↓↓下記バナーよりお申込が可能です↓↓↓

* * * 校舎施設のご案内はこちら* * *