大学受験において、“英語の長文読解”とは | 東進ハイスクール所沢校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2015年 1月 23日 大学受験において、“英語の長文読解”とは

こんにちは!担任助手の野崎です!

今日は英語の中でも、長文読解について、お話したいと思います!!

さて、

高校1,2年生のみなさん、みなさんは大学受験において、英語の長文読解がどれだけ大切か知っていますか?

具体的に言うと、センター試験で200点満点中、長文の配点がどのくらいあるか知っていますか?

5日前、同日体験受験を受けた人はだいたいはわかると思いますが、

なんとセンター英語では、長文読解だけで配点が200点満点中145点です。

年度によって若干のばらつきがありますが、大体、長文読解だけで、7割以上の得点があります。

この長文をいかに確実に得点できるようになるかが、英語で高得点を取る鍵となるのです。

そして、長文で高得点を取れるようになるポイントは主に2つあります。

一つが、単語・熟語・文法・構文、英語の基礎全てをマスターしていること。

そして、もう一つが、

正しい解法を知り、大量の英文に触れ、沢山の長文読解訓練を積むことです。

これをいかに早い時期からとりかかり、一つ一つをマスターできるがとても大事となってきます。

 

みなさんもぜひこの時期から、これらの事を意識して、英語の勉強に励んでいってください!!

 

また、長文の解法を知り長文読解を得意にするきっかけとなるものが、2月10日に開かれる福崎先生の特別公開授業です!

この日は、普段は映像でしか授業をやらない、超有名講師、福崎伍郎先生が特別に所沢校に来て2時間生の授業をしてくれます!

この授業は誰でも参加できるものになっているのでぜひ、みなさん参加して、長文を得意にするキッカケを掴みましょう!!

 

お申し込みは↓こちらをクリック!!