私が大学で学んでいること~人文学部編~ | 東進ハイスクール所沢校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 5日 私が大学で学んでいること~人文学部編~

こんにちは!担任助手1年の土屋です。

あっという間に9月ですね!

私の大学は、この前やっと夏休みに突入したと思ったのに、もう後期の授業が始まりそうです…

とはいえ、皆さんも勉強がんばっていると思うので、私も気合入れてがんばります!(笑)

 

今日は、人文学部について紹介していきたいと思います。

皆さんは人文学部という学部を聞いたことがありますか?

おそらく聞いたことが無い人がほとんどだと思います。

ですが、名称が珍しいだけで実際は文学部とほとんど同じようなものと考えてもらえるといいかなと思います。

文学部と聞いて皆さんが想像することは、ひたすらに様々な文献を読んだり、語学(特に英語)をずっとやるだけということがあるかもしれません。

ですが、そんなことはありません!

もちろん、学年が上がるごとに語学や外国文化を専門的に扱っていくことが多くはなってくるかと思いますが、

1,2年生の間は他の分野の授業を受けることも多くあります!

また、私は英語英米文化学科に所属しているので、英語が主になりますが、

他にもドイツやフランスのことを中心に学ぶヨーロッパ文化学科や、アジア系のことを中心に学ぶ日本・東アジア文化学科というものもあります。

私は以前にも書きましたが、将来就きたい職業に英語が必要だと思ったので英語英米文化学科に決めましたが、その他の2つの学部も魅力的だなと思います。

 

英語英米文化学科の必修の科目は英語や第二外国語のものがほとんどで、その中にはネイティブの先生と実際に話す授業もあります。

この授業は完全にすべてのことを英語で行う授業になっているので、最初はとても戸惑いました(笑)

ですが、もともと英語が話せるようになりたくて、この学部に入ったので、がんばってくらいつこうと思います(笑)

 

次に選択科目について紹介したいと思います。

選択科目は、幅広い分野から自分で選ぶことができます。

私は前期に心理学聖書のことなどについても学んでいました。

後期は科学技術憲法といった文学部とは思えないようなことも学ぶ予定です。

前期の授業を受けてみて、前にも書きましたが、1,2年の間は人文学部といっても

自分の興味に合わせて本当に様々な分野のことを学ぶことができるなと実感しました!

 

また、大学で何か資格を取りたいと思っている人の中には文学部ってなにも資格が取れないのでは…?と思う人もいるかと思います。

私も最初はそう思っていました。

しかし、教職課程というものを履修すれば教員免許を取得することができることを知り、現在は教職課程を履修して教育のことも学んでいます。

 

このように、人文学部には外国の文化や言語を学びながら幅広い分野のことも学ぶ環境が整っているのではないかなと思います。

様々な分野のことを学ぶことはとても面白いです!

皆さんも、大学入学後の自分のことを想像しながら後半戦の受験勉強も頑張っていきましょう!🔥

 

 

現在、所沢校では、1日体験を行っています。

塾を探している方、受験勉強に不安がある方、映像授業を体験してみたい方など

誰でも大歓迎です!

ぜひ、下のバナーからお申込みください!