語彙力に不安を感じたら…〈現代文アドバイス1日目〉 | 東進ハイスクール所沢校|埼玉県

ブログ

2019年 2月 22日 語彙力に不安を感じたら…〈現代文アドバイス1日目〉

皆さんこんにちは!担任助手の楢崎です

今回は、国語(現代文)の得点UP!!のための三ヵ条

日間に分けてお話させて頂きたいと思います!

現代文が苦手な方は必見です!!

其の一 語彙力の不安は今すぐに克服する

第1日目は語彙力のお話です。国語や英語などの語学系

苦手な方は多くいらっしゃると思いますが、

単語の暗記サボってないですか…?

覚えてるよ!という方、

意味を書けと言われたら正確に書けるでしょうか?

知識が定着していないと難しいもので、いかに

選択肢を頼りにしていたかがよくわかると思います。

では漢字や語彙が苦手な方、不安な方

どうしたらよいのでしょうか。

私は、本質を理解しながら覚えることをお勧めします。

例えば、皆さんが水滴石を穿つということわざを覚えるとき、次の2つのうちどちらのパターンで覚えるでしょうか?

パターン1. 暗記は根気!

ちょっとくらい理解できなくても 気合いで覚える

パターン2. まずは意味を調べて、「水滴」や「石」が 

何を例えているのか理解しながら覚える

私はパターン2が勉学としてふさわしい覚え方だと考えます。

ことわざは現代に生きる我々へ、先人たちが残した教訓です。

さらに皆さんにもっと実用的な話をすると、例えばテスト中に

「〇〇石を穿つ」の〇〇の部分が思い浮かばない!というとき、

パターン1の方は「水滴」という単語が思い浮かばない限り

永遠に解答することは出来ませんが、

パターン2の方は「水滴」という単語が使われている理由を

イメージで捉えて覚えているので、

前者よりも正答にたどり着く可能性が高くなります。

ちなみに水滴石を穿つとは、わずかな水滴でも絶えず落ちると

固い石にも穴をあけるという原義から、

どんなに小さなことでも継続することで大きな成果に繋がるという意味で、「継続は力なり」と同じ意味です!

 

ここまで本質を理解することの重要性をお話してきましたが、

皆さんにとって一番の問題点は、

そんな余裕受験生にはない!

という点です。受験生になって、受験科目の問題演習に

少しでも多く取り組みたいというときに、

ゆっくり漢字を覚えている時間はありません。

ではいつから取り組むべきなのでしょうか。

それは、まさに「今」なのです。今現在皆さんが

どの学年であろうと、受験勉強には関係ありません。

あ、やばいかも、、と思った方は、今すぐに始めましょう!

いかがでしたか? 今回は現代文だけでなく、どの科目にも通じる「暗記」についてお話しました。

もっと詳しく聞いてみたいという方は、ぜひ

新年度特別招待講習を受講してみてください!

私のおすすめは、

板野博行先生評論の語彙・頻出テーマ(入門編)

です。この授業を受講して、評論文を読むための重要語彙

マスターしましょう!

〈板野先生の授業はこのような感じです〉

 

 

 

2日目は現代文の読み方についてお話します!お楽しみに~!

下記バナーよりお申込が可能です

 

 

* * 校舎施設のご案内はこちら* *