食べて合格! | 東進ハイスクール所沢校|埼玉県

ブログ

2015年 9月 14日 食べて合格!

お久しぶりです!

タイでのボランティアから無事帰って来ました、担任助手の新井田です 😛  その節はご心配おかけしました。

さて、今回は受験とご飯の話です。

受験生の皆さん、普段の食生活はどんな感じでしょうか? 

遅くまで勉強して、朝ギリギリに起きてごはんを食べずに学校に行ったり・・・

昼ごはんや夕ごはんがコンビニのパン1つだけだったり・・・

夜遅く帰ってからドカ食いして寝る、なんてことはないでしょうか?

もしそんな食生活を送っている受験生がいたら、それ、もったいないですよ!

実は・・・食べるものにちょっと気を使うだけで、集中する時間を伸ばしたり、記憶力を上げたりすることができるんです!

せっかく同じ時間を使ってご飯を食べるなら、そんな食べ方したほうが得じゃあありませんか?

以下に受験生ができる、食べて学力を上げる具体的な方法をお伝えします。

①朝ごはんに米かパンを食べる

②コンビニでご飯を買うときはナッツも一緒に買ってみる

③家でご飯を食べるときはお母さんに魚料理をリクエストする

こんなことを心がけて過ごすだけで、残りの4,5ヶ月の学習効率が上がるかも!?

 

【解説】

①脳を働かせるには「ブドウ糖」が必要です!

 特に起床直後は脳のエネルギーが不足しているので、米やパンなどの炭水化物でブドウ糖を取って脳を目覚ましましょう。

 ちなみに私の弟はブドウ糖のことを気にして朝にチョコ菓子を食べていますが、お菓子でブドウ糖を取ると急に血糖値があがって逆に☓です!

 炭水化物を食べることで、徐々にブドウ糖を吸収することが出来ますよ♪

 午前中に脳を働かせるためにも、腹八分目の炭水化物を毎朝とるのが吉。

 

②ブドウ糖をせっかく摂っても、使えなければ意味がありません。

 ブドウ糖を使うためには「ビタミンB1」が必要です。

 これはアーモンド、カシューナッツ、牛乳などに含まれています。

 なのでコンビニでパンやおにぎりと一緒にこれらのものを替えば、食後に効率よくブドウ糖が使え、脳がよく働きますよ

 

③最後に記憶力UPのための方法です。皆さんはお魚天国という楽曲をご存知でしょうか。

 「サカナ~を~食べ~ると~ アタマ~が~よく~なる~♪」

 というものです。これは中々真理をついていると言えます。

 サカナに含まれる「DHA」記憶力を増強することができるのです

 学校から塾に直接来るときは厳しいでしょうが、おうちで夕ごはんや朝ごはんをとるときにお母さんにリクエストしてみてはいかがでしょうか。

 

以上の3つをアタマの片隅において残りの期間をすごせば、合格にもっと近づくことが出来るかもしれません 😎