センター過去問演習について 上田ver | 東進ハイスクール所沢校|埼玉県

ブログ

2019年 8月 29日 センター過去問演習について 上田ver

こんにちは!

所沢校担任助手の上田です。

本日は皆さんが現在取り組んでいるセンター過去問演習についてお話ししていきたいと思います。

東進では、夏休みに過去問10年分実施といった取り組みをしています。

これは、過去問はあくまでも過去のデータに過ぎず、

同じ問題はなかなか出てくることはないため、早い段階で実施することで、

今後どう対策していけばよいのか知ることができ、より合格に近づくことが出来るからです

過去問というものは、傾向分析自己分析のためのものであると私は考えています。

過去問を行うことで、センターの形式や傾向を知ることが出来ます。

また、過去問を行った結果から自分の現状を知ることも出来ます。

だからこそ、早めに過去問を終わらせ、合格に大きく近づけるよう対策していくようにしましょう!

 

次に、効果的な過去問演習の仕方について話していこうと思います。

まず一つ目は、時間制限をすることです

センターの場合は特に時間との闘いが非常に重要となってきます。

自分で演習を行う際は、出来る限り本番の時間よりも短い時間を設定して、

その中で解き切れるように訓練していきましょう!

二つ目に、復習をすることです

当たり前だとは思いますが、必ず復習は行いましょう!

特にセンター試験は、「適切でないものを選べ」といった問題が出題されることが多く、

その中には、自分の知らない知識がたくさん詰まっています

これを逃す手は無いでしょう。

なので、復習の際には、答え以外の選択肢にも注目するようにしましょう!

 

以上がセンター過去問演習に関する自分からメッセージです。

少しでも参考にして、高めていきましょう‼

 

***資料請求等はこちらから***