私がやっていた受講の復習〜国語〜 | 東進ハイスクール所沢校|埼玉県

ブログ

2021年 2月 23日 私がやっていた受講の復習〜国語〜

こんにちは!一年担任助手の笛木です。

ブログに目を通して頂きありがとうございます!

最近少しずつ暖かさを感じてきましたねー

少しずつ春が訪れてきてるようで何だか時の流れは早いなと思いました。

先日、第一回共通テスト本番レベル模試が行われました。

受けられた方々はお疲れ様でした!内容を忘れないうちに早めに復習しちゃいましょう!!

さて本日のブログの内容はタイトルにもある通り、受講の復習方法についてです!

先週のブログでは稲垣先生が英語の復習を紹介されましたので今週は国語について書いて行きます!

国語と言っても現代文・古文・漢文とありますが、多くの人が受講している現代文について述べていきます。

まずは現代文です。大体の現代文の授業のコンセプトとして予習→受講→復習といった感じだと思います。

まず、受講時に予習段階で間違えた箇所だったり、先生が話すその問題の根拠の部分

テキストノートに自分がわかる程度でメモをしていました。

※この前準備がとても大切です。メモをせずただ聞いているだけでは、間違いの原因や授業の強調点の見返しができません!!

そして本題ですが、復習時にやっていたことは主に2つあります。

一つ目は、メモしたことを理解することです。

現代文は数学のように解法を暗記しても暗記した答えはその問題にしか意味がなく、

重要なのは答えの選択肢を選ぶプロセスです。

ですので、私は正しいプロセスを実践できるようにするために、授業の解説を覚えるのではなく

理解するように努めていました。

理解の目安ですが、自分の根拠を友達に説明して納得してくれるくらいがちょうどいいと思います!

二つ目は、次の日にプロセスを意識して再度解くことです。

当日や1週間後くらいに再度解くのもいいと思いますが、すぐに解き直すと答えを覚えてしまっていたり、

時間を空けすぎると復習を後回しにして最終的にはやらずに終わってしまうなんてこともあったため

受講の次の日あたりに解き直しをしていました。

解き直しでは受講のポイントメモをした点を押さえた上で正しいプロセスで解くことを意識していました。

そして再度間違えた問題があった場合はメモを見直す。

これで私の復習は終わりでした。余談ですが、本文中のわからない単語は調べてメモしておくと、

語彙力UPに繋がるのでとてもおすすめです!!

 

もうすぐ学校の定期テストが重なる方々もいるとは思いますが、

日々の受講との両立を目指して偏らない学習を心がけてください!!

 

 

 

所沢校では、3月8日(月)に安河内先生による名人たちの特別公開授業が行われます!

安河内先生は、全国3万人の受講生が絶賛する超人気講師です!

文部科学省の審議会で委員を務められたり、受験生だけではなく

企業や教員の研修でも英語を教えています。

また多くの参考書を執筆されていたり、toeic990点満点や英検1級を取得されてます!

今回の公開授業では、

楽しく成績が伸びる英語の勉強法についてお話してくださります!!

毎回生徒たちから大好評の安河内先生の授業を生で聞ける絶好の機会です!

参加は無料になりますので、ぜひともこの機会をお見逃しなく!!!

参加は以下のURLから!!

https://www.toshin.com/hs/event/tokubetsu_kokai/form.php?utm_id=kqr200139&school=tokorozawa