模試の振り返りについて | 東進ハイスクール所沢校|埼玉県

ブログ

2020年 6月 24日 模試の振り返りについて

みなさん、こんにちは!
所沢校 担任助手 1 年の成松です。

 


先週の日曜日は全国統一高校生テストがありましたね!

お疲れさまでした!
 
さて、みなさんは模試の自己採点・復習は終わっていますか???
22・23 日は休館日だったので、模試の復習に専念できたかと思います。

まだ終わっていない人は早急にやりましょう!

基本的に、模試を受けた日のうちに復習するのが一番ですが、

特に理系の人は遅くまで試験 があるので、

時間的にも体力的にもなかなか厳しいと思います。

最低限、自己採点は当日中 に済ませるようにしましょう!!

 

 

自己採点した後は、どうしても点数に一喜一憂しがちですよね。

私自身、一喜一憂するのは 仕方のないことだと思っています。

点数が良ければもちろん嬉しいですし、思い通りの点数でなければ落ち込みます。

大事なのは、すぐに切り替えること結果を引きずらないことです。

そして、点数・偏差値よりも、間違えた問題に対して

「どこを」「どのように」間違えたのか分析することが大切です。

 


続いて、模試の復習方法に関してですが、皆さんはどのように復習していますか?

まず、時間が足りずに解けなかった問題は、答えを見る前に一度解いてみましょう!

今後の 演習をこなしていけば、解くスピードは必ず上がります。

今は自分の理解度を知ることに重点をおきましょう。

 


また、みなさんは復習にどの程度時間をかけているでしょうか?

時間をかけすぎていませんか?

特に、復習ノートを作っている人は要注意です!

復習ノートは、あくまでも自分があとで見返せるように作ればいいので、

きれいなノートを作る必要はありません。

確かに、質の高い復習はとても大事なのですが、

共通テストまでの時間も限られています。

コスパのよい復習を心がけましょう!

 


私がおすすめする復習方法は、解説を読み、

必要であれば教科書や資料集などでも用いて、

重要だと思った点・暗記や理解が不十分な点を問題冊子に書き込む方法です。

特に理社の復習に有効だと思います。

 

同じ問題が本番で出てくる確率は非常に低いです。

つまり、答えの選択肢だけ復習しても、あまり意味がありません。

選択肢に出てきた文に出てきた知識一つ一つを確認し、ちゃんと理解できているか

確認しておけば、少し内容が変わった出題でも対応できます。

 

さらに、特に復習が必要だと思った範囲はルーズリーフなどにリストアップしておくと、

自分の課題点を可視化できますし、

次回以降模試を受ける前に、見直しておくべきポイントが明確になりますよ!


ぜひ参考にしてみてください!


これから本格的にがスタートします!

模試を活用しつつ、受講や過去問演習をどんどん進めていきましょう!